良い制服買取店の選び方~新品と中古品の違い~

制服買取

良い制服買取店の選び方~新品と中古品の違い~

1.新品と中古品の違いは?

新品とは「使用されておらず、一度も売り出されていない物。」まだ、買うこともできなければ店舗でも販売されていない状態をいいます。

一方で中古品は、古物営業法では、「一度使用されたもの、若しくは使用されない物で使用のために取引されたもの」となっています。制服を買う際に、金銭をお店に支払いした時点で中古品となってしまいます。1回着用しているか、何も手をつけていない状態であるかにかかわらず中古品となります。つまり、個人で制服を買取してもらう際には、法律上では全て中古品となります。

 

2.新品を買取するためには?

メーカーや卸売業者から仕入れない限りにおいては、古物商が新品の制服を買取する方法はありません。メーカーや卸売業者は、販売価格の下落を防ぐため、たとえ旧タイプの制服であっても、古物業者に買取依頼をすることはないと思われます。もし万が一、メーカーや卸売業者から制服を手に入れられたとしても、それは単なる仕入れであり買取ではありません。ですから新品を買取するということはあり得ません。

 

3.まとめ

個人で持っている制服は使用、未使用、未使用未開封に関係なくすべて中古品です。未使用の制服や開封していない制服は、新品とは言わず、「未使用品」「未使用未開封」等の用語を用いて制服買取業者に見積り依頼すれば、より正確に見積り金額を出してくれると思います。

コメント